ズバカイの交通事故はおまかせ

1万件の交通事故を100%解決してきた現役の管理人があなたの交通事故の悩みをズバッと解決します。

車が「停止していた」かどうか⁉︎判例にないのでとても難しい。わたしの見解は?

f:id:wretour:20200315190405j:plain

 

車が停止いていたとは

 

車が止まっていたかどうかということで交通事故はよくもめます。

 

f:id:wretour:20200315190739j:plain

 

よくぶつかる直前にブレーキを踏んだので、止まっていたから10対0だと主張する人がいます。

 

余談ですが、なぜか被害者は「ジュウゼロ」ということばと使います。

 

基本的に自動車事故の過失は5%きざみなので、10:0では数字が合いません。

 

 

一時停止の標識では3秒間

 

一時停止の標識では、3秒間止まることが停止といわれています。

 

f:id:wretour:20200315190427j:plain

 

3秒以下でブレーキを踏んで一瞬止まっただけでは、待ち構えていたおまわりさんに一時停止違反で捕まります。

 

自動車事故で止まったところにぶつけられたといった場合、止まっていたとは3秒間なのでしょうか。

 

 

車が何秒停止したから止まったという判例はない

 

この3秒間というの一時停止の秒数であり、止まったところにぶつけられたというのは3秒では足りません。

 

10秒なら停止していたとみるかというとそうでもありません。

 

何秒以上停止していたから、車が止まっていたとみなすという判例はありません。

 

 

要は止まっていたとみなせる状態かということ

 

あくまで私見ですが、例えば車が信号待ちをして止まっていたとかコンビニの駐車場に入ったとかそこにとまるべき条件があった際に「止まっていた状態」だと状況的に判断するものだと思います。

 

f:id:wretour:20200315190508j:plain

  

交差点で相手の車がきたからブレーキをかけて止まったから、止まったところにぶつけられたとするような主張はそこに3秒間止まっていたとしても停止とは認められません。

 

この止まっていた状態というのは、時間ではなく止まるべき状態にあったかどうかによると考えられます。

 

MS保険では一瞬でも速度が0になれば「停止」

 

相手がMS保険で、停止しているかどうかでの過失の争いが2件ありました。

 

f:id:wretour:20200315190536j:plain

 

わたしは素人のふりをして相手の保険会社の主張を聞く(性格が悪い)ので、相手の保険会社の社員は好きなことを話してきます。

 

相手がMS保険で、アジャスターが一瞬でも止まればそれを「停止した状態」というんですと丁寧に説明してくれました。

 

また、別の事故で別のMS保険のアジャスターはうちの車のドラレコで速度が0だったことから、道のど真ん中に止まったうちの車を停止していたと判断していました。

 

それでうちの過失は「0」だそうです。

 

MS保険のスタンスは、車がブレーキを踏んで速度が0になれば停止したとみるようです。

 

せっかく過失を「0」にしてもらいましたが、わたしの見解ではこれは間違いです。

 

 

保険会社では止まっていれば過失が「0」法律では過失が出る

 

この「停止」というのは、いまの保険会社 ではそれほど深く考えられていないようです。

 

f:id:wretour:20200315190633j:plain

 

一応法律上(裁判上)では、わたしが前述したものが「停止した」ということになると思いますが、最近はいままで過失をやったことがないアジャスターや新しく査定担当になった女性担当者と話すことが多く、過失は「適当」と「なんかなくそんな風」というのがほとんどです。

 

わたしみたいに、法律に基づいた過失をいうような古い世代の人間は、もう保険会社では疎ましくてどこかに追いやられたのでしょう。

 

何かもめたら弁護士特約で弁護士へというやり方が、保険会社の社員のレベルを落としているのも現状です。

 

結局裁判をしてみなければ分からない

 

相手が止まっていたと主張していま争っている裁判でも、確かに相手は2秒間くらい停止していますから、当然止まっていたと思っているのでしょう。

 

しかし、判例上はぶつかると思って避けようとして?止まっていたので過失はでます。

 

実は、「停止していた」とは思っている以上にとても難しいものなのです。