交通事故プロ相談広場〜解決できない事故はない

1万件の交通事故を100%解決してきた現役の管理人があなたの交通事故の悩みをズバッと解決します。

相手の車が自分の車の横にぶつかった‼︎車の前方と後方だったら過失が違ってくるの⁉︎

 

車のぶつかった位置で過失が違うのか

 

f:id:wretour:20200208075917j:plain

 

交通事故を起こしたときに、自分の車の横にぶつけられる場合も多々あります。

 

十字路交差点での事故や、進路変更の場合など相手の前方と自分の車の横側が接触します。

 

この場合、もめるのが車の後方にぶつけられたら避けようがないので「自分には責任がない」と主張することです。

 

車の後方なら避けようがない?

 

f:id:wretour:20200208080339j:plain

 

自分は十字路交差点を普通に直進していただけなのに、相手が一時停止を無視して出てきた場合に相手の車が自分の車の横の後ろ側にぶつかる事故が多々あります。

 

相手が一時停止を無視して出てくるなんて思いもしませんし、ましてや自分の車の後ろ側にぶつかれば避けようがない・・・と思うのが人間の心情です。

 

なんで自分にも責任が出るの?

 

f:id:wretour:20200208080401j:plain

 

自分は普通に法定速度を守っって道路を直進していただけなのに、相手が一時停止無視。

 

それだけでも、なんで俺が(わたしが)悪いのよ‼︎と思いますよね。

 

俺(わたし)はいったいどこに責任があるのでしょう。

 

正解は、ここが交差点だからです。

 

 

道路交通法36条4項と道路交通法70条

 

公道を運転する場合「道路交通法」というのがあります。

 

道路交通法第36条第4項


4・ 車両等は、交差点に入ろうとし、及び交差点内を通行するときは、当該交差点の状況に応じ、交差道路を通行する車両等、反対方向から進行してきて右折する車両等及び当該交差点又はその直近で道路を横断する歩行者に特に注意し、かつ、できる限り安全な速度と方法で進行しなければならない。

 

道路交通法70条

 

第七十条 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

 

この2つが交差点を通行する時のポイントになります。

 

適正な速度と方法で運転する

 

f:id:wretour:20200208082002j:plain

 

道路交通法36条項と道路交通法70条に書いている適正な速度と方法が交差点の運転の肝になります。

 

ぶつけられた側は、そんなことをいっていたら、まともに走れないという主張になります。

 

しかし、自動車教習所の時代を思い出してください。

 

そのように教わっているはずです。

 

 

一時停止のある交差点で、一方が優先道路の場合

 

f:id:wretour:20200208080449j:plain

 

十字路交差点などでは、優先道路なら徐行までしなくてもいいのですが左右の道路に対する注意義務を負います。

 

優先道路を走っていて、一時停止無視の車とぶつかった場合の過失は、判例タイムズでは10%:90%です。

 

優先道路でない場合には、20%:80%と10%も過失が増えます。

 

ぶつけらたのが車の後部なら避けられない?

 

f:id:wretour:20200208080530j:plain

 

「横からぶつけられてそれも後ろだったら避けようがない‼︎」「自分は悪くない」となるのが運転手の心理です。

 

しかし、しかし・・それでも過失がでるのです。

 

これもケースバイケースのところもあるので、どうしても納得がいかなければ裁判をしてみましょう。

 

まとめ

 

f:id:wretour:20200208080706j:plain

 

事故で車の横にぶつけられた場合、基本的には前でも後ろでも過失は変わりません。

 

「うしろぶつけられたんだから分かるわけないだろ‼︎」となる前に、交差点では横からくる車は常に飛び出してくるという気持ちで運転しましょう。