ズバカイの交通事故はおまかせ

1万件の交通事故を100%解決してきた現役の管理人があなたの交通事故の悩みをズバッと解決します。

交通事故で通院中にまた車にぶつけられた。そんな時どうすればいいの

f:id:wretour:20200202083652j:plain

 

「異時共同不法行為」とは

 

f:id:wretour:20200202083728j:plain

 

「異時共同不法行為」とは、1回目の交通事故でケガをして通院している間に別の交通事故でケガをした場合をいいます。
保険会社で1回目の事故の対応をしていた場合は、2事故目の保険会社が引継ぎます。
しかし、むち打ちの治療をしていた場合に2事故目で足をひかれたなどの場合は、ケガをしているところが違うので、1回目の事故の保険会社と2回目の事故の保険会社が両方対応することになります。
しかし、この場合でも慰謝料は2倍にはなりません。

 

保険会社ではかなりややこしい扱いになる

 

f:id:wretour:20200202084120j:plain

 

2回目の保険会社では、1回目の事故でケガをしているのだから2回目は関係ないとかいって断るのが通常です。
なぜなら、めんどくさいからケガの対応などやりたくないからです。
治療中に2回も事故にあう人は、人物的にかなり怪しげな人も多いので水際で食い止めようとします。
法律上は寄与率とかあるのですが、自賠責の考え方ではそこで1回目の治療が打ち切りになり2回目に引き継がれるのが通常です。

 

2回目の事故ではケガをしていないとかありうるのか

 

f:id:wretour:20200202083800j:plain

 

1回目の事故で通院しているのに、2回目の事故ではケガをしなかった?と被害者が警察に主張する場合があります。

1回目の治療が打ち切られるのを心配してとか、やましい事がある場合です。
1回目の事故でケガをして通院しているのに、2回目の事故ではケガもなく痛いところもないということは・・・明らかに詐病です。
もともと痛いところもないのに、通院しているだけだと判断されます。
通えば通うだけ保険金がもらえるのが交通事故です。

 

意外に多い「異時共同不法行為

 

f:id:wretour:20200202084202j:plain


この事故で治療をしている間に、また事故にあう人は案外いるんです。
本当についていない人か、もともとの運転に問題があるひと。
よく急ブレーキをかけるとか、おかしな運転をするとかです。
また、保険会社から休業損害が出るので車で遊んで歩いていた場合、車に乗っている時間が長いですから事故にあう確率も高くなります。


労災をもらって暮らしているトラック運転手の話

 

f:id:wretour:20200202084100j:plain

 

以前、交通事故ではありませんが、事故の相手が自分で事故を起こして休業中?のトラック運転手だったことがあります。
このトラック運転手の男性は自分の事故でかなりのケガをして、3年以上労災の休業補償で暮らしているそうです。
そして、日々友人と車で遊んで歩きながら、どこかでアルバイトをしている様でした。
身体はなんともないようでしたが、少し首が痛いと最初意気込んでいました。

しかし、事故で休業損害をもらうと労災が切られるかもしれないということで車の損害だけ払いました。
こうなると、1日車で遊んでいられますから事故にあう確率が高くなります。


まとめ

 

f:id:wretour:20200202083905j:plain

 

あなたが交通事故でケガをして通院中にまた事故にあってケガをした場合は「異時共同不法行為」になります。

2回目の事故の保険会社が次にケガの対応に当たることを覚えておきましょう。
1回目のケガが打ち切りになるかもしれないと思って、ケガをしていないと警察にいうとおかしなことになります。

あなたが本当にケガをして病院に通院しているのなら、きちんと1回目の事故でケガをしていることを警察と保険会社に話しましょう。 

そうしないと、ケガの対応をしている保険会社に1回目の事故のケガの対応も打ち切られる事があります。