交通事故プロ相談広場〜解決できない事故はない

1万件の交通事故を100%解決してきた現役の管理人があなたの交通事故の悩みをズバッと解決します。

㊙︎交通事故の慰謝料を弁護士を雇わず『無料』で裁判の基準にひきあげる方法

 

f:id:wretour:20200129214810j:plain

 

ネットで「交通事故」「慰謝料」で検索すると

 

f:id:wretour:20200129214152j:plain

 

インターネットで「交通事故」「慰謝料」で検索するといろいろな弁護士事務所の広告が出てきます。

慰謝料を◯倍にする、慰謝料交渉に強い弁護士など魅力的なキャッチフレーズで被害者をひきつけます。

しかし、かなり高度な難しい交通事故ではない限り慰謝料の計算は単純計算になります。

 

ぶっちゃけ誰がやっても同じ結果に

 

f:id:wretour:20200129214225j:plain

 

最近、交通事故をほとんど知らない弁護士が横行していますが、むち打ち程度であれどの弁護士がやっても慰謝料の基準は変わりません。

ただし、弁護士報酬はある程度自由なので同じ慰謝料をもらったとしても、自分で弁護士を雇った場合の報酬はまちまちです。

それなら、いっそのこと「無料」で慰謝料を弁護士の基準でもらった方が得です。

自分で裁判をするという手もありますが、印紙代がかかりますし、怪我の場合は敷居が高いのが現状です。

 

無料で慰謝料を引き上げる方法

 

f:id:wretour:20200129214619j:plain

 

無料で交通事故の交渉を行う「交通事故紛争処理センター」(以下「粉セ」)というところがあります。

 

http://www.jcstad.or.jp/

 

f:id:wretour:20200129194643p:plain

交通事故紛争処置センターHP

 

電話で予約し、相談後、相手の保険会社と日程を調整し弁護士が間に入って解決をするという機関です。

ここの運営財源は、国内・外国損害保険会社、全国共済農業協同組合連合会全国労働者共済生活協同組合連合会(こくみん共済 coop)、全国トラック交通共済協同組合連合会(交協連)、全国自動車共済協同組合連合会全日本火災共済協同組合連合会などの保険金を支払う側から拠出されています。

 

ここで出た和解案は基本的に保険会社は飲まなければならない

 

f:id:wretour:20200129214319j:plain

 

加害者側と被害者側を仲介するのは弁護士になります。

この弁護士の費用は紛セが負担します。

(微々たるものらしいです)

被害者側は、保険会社から提出された賠償計算書や診断書の写しを持って相談にいき弁護士がそれをみて赤い本という裁判基準で慰謝料を計算した和解案を出します。

(青い本というので出す場合もあります)

追突事故などの単純な事故であれば、すぐ裁判基準に近い和解案が出ます。

 自分で弁護士を雇う場合の報酬は賠償金にもよりますが、最低でも15万円以上です。

それを考えると、慰謝料が裁判基準まで上がって「無料」ですから使わない手はありません。

 

最近では弁護士も紛セを利用

 

f:id:wretour:20200129214347j:plain

 

最近では被害者側の弁護士も、裁判所ではなく紛セを利用することが多くなっています。

それだけ簡便に使えるということですが、弁護士が使うのもどうかと思います。

弁護士は報酬をとってなんぼですから、紛セでの解決など教えてくれません。

  

問題は場所が都市に集中していること

 

f:id:wretour:20200129214542j:plain

 

紛セのある場所は、全国で11箇所。

 

http://www.jcstad.or.jp/map/

 

この都市に近い人しか不便で使えません。

都市によっては、無料の弁護士斡旋を行っているところがあるのでそれを利用する手もあります。

自動車保険の弁護士特約に加入しておらず、弁護士に報酬を自腹で払う場合には、紛セの利用を考えてみてもいいかと思います。