全力老後!熱くて悪いかっ

老後について真剣に熱く考えます

まずは通信費の節約を。「いえでん」ってほんとに必要なの

まだ「いえでん」を持っている家庭は多いかと思います。

しかし、その「いえでん」ほんとうに使っていますか。

もし使っていないのに料金が発生していれば「解約」を検討してみてはいかかでしょう。 

 

f:id:wretour:20191009222617j:plain

 

「いえでん」は必要か

 

高齢者のほとんどの家には固定電話=「いえでん」があります。

かくいうわたしの家にも「いえでん」がまだあります。

しかし、使っていません。

誰も「いえでん」にはでないからです。

ずっと留守録になっていて、いつのも間にか録音がいっぱいになってしまうのが現状です。

 

固定電話を持つのは信用のため

 

我々の世代になると、固定電話がない家というのは信用がないという固定概念があります。

色々な書類に住所等を記入するときに、固定電話を書かないと相手に信用してもらえないという考え方が定着してしまっています。

しかし、すでに固定電話を使って会話をしたりファックスをすることはなくなっています。

 

固定電話は災害に強い

 

固定電話は災害に強いため、災害にあったときに重宝するようです。

実際には大きな災害にあった場合は避難所にいくので、それほど役にたたないかもしれません。

(そこまでの災害にあったことがないので想像です)

数千円を削っても仕方がないと考えれば、そのまま残しておいてもいいとは思います。

 

振込詐欺も固定電話をなくせばなくなる

 

昨今の特殊詐欺ではほとんど固定電話が詐欺に利用されます。

詐欺業者等には、すでに固定電話の電話番号がほとんど出回っていると思った方がいいでしょう。

誰も言及していませんが、固定電話は特殊詐欺に弱いという欠点があります。

高齢者を狙った特殊詐欺は、「いえでん」への電話が起点になります。

 

格安スマホで通信費は安くなる?

 

10月1日から各携帯電話会社は、2年縛りや通信費の値下げを余儀なくされています。

ほんとうに携帯電話料金が下がったのかは、複雑でよく分かりません。

スマホを買い換えようと思っていましたが、すっかりタイミングを逃してしまいました。

3大キャリア会社も第2ブランドの携帯電話会社を持っていますが、あまり意味がないような気もします。

格安スマホに買い換えるにしても、かなり研究しないと難しそうです。

 

やはりいらない「いえでん」

 

通信費や電気代、水道代などの固定費は出来るだけ節約したいものです。

一度、電話代のなかの「いえでん」がいくらなのか確認してみてください。

使用料である程度の額がとられているようなら、思い切って解約をしてみるのも手だと思います。