全力老後!熱くて悪いかっ

老後について真剣に熱く考えます

「先行実施」型の早期退職が増加。あなたなら、会社に「残る」それとも「辞める」。わたしが「辞める」ほうをすすめる理由

会社の業績が思わしくない時に行われるリストラ。

いまは、会社の業績がよくても「先行実施」されるケースが増えています。

一度狙われたら、辞めるも地獄、残るも地獄の現実が待っています。

老後生活まであと少しのあなたなら、どちらの選択をするでしょう。

 

f:id:wretour:20190928190459j:plain

 

キリンホールディングスが早期退職募集


キリンホールディングス(HD)と傘下のキリンビールが45歳以上の社員を対象に早期退職の募集を行うことが分かりました。

 早期退職の受付は10月1日から開始。

 希望者に面談を行い、11月末に確定する見込みとのこと。

 

バブル入社組の処理か

 

今回の早期退職の目的は、バブル入社組の処理だとされています。 

50代でも部下を持たない部下なし管理職がターゲット。

現在、どこの会社でもバブル期に採用した仕事をしない50代の社員が問題になっています。

 

グループの早期退職募集は2度目

 

キリングループでは、ことし2月に、グループで医薬品事業を担う協和キリンが、生産部門を除く45歳以上の社員を対象に早期退職の募集を行い、296人が応募したばかりでした。

次にキリングループで飲料事業を手掛けるキリンビバレッジでも、早期退職を行うようです。

早期退職というと、会社の業績が悪く会社の立て直しの時にされることが多いのですが、キリンHDの場合は業績不振が原因ではありません。

 

キリンHDは過去最高益を達成

 

キリンHDは、第3のビール「本麒麟」の大ヒットなどで、2018年12月期決算で過去最高益を達成したばかりです。 

これまで日本企業が実施する早期退職では、業績不振で追い詰められた企業が半ば強制的に人件費をカットする「リストラ」型が主流でした。

しかし、最近は手元にキャッシュがあるうちに余剰人員を削減する「先行実施」型の早期退職が増加しています。

業績が好調で余裕があるなうちに、成長分野への事業展開を図るために、人員の適正化を進める「先行実施型」のケースが増えています。

 

前年比2倍に増える「先行実施」型リストラ

 

この「先行実施型のリストラ」は前年比の約2倍とますます増える傾向にあります。

これは、まさしく人件費の高い50代をやめさせ若手に投資をはかるというビジネス戦略です。

また、国が近い将来65歳、70歳まで社員を雇用するようにする「強制高齢者雇用」を見込んで、その手前のバブル世代を切るという会社の思惑があります。

 

急速な雇用情勢の悪化

 

また、「先行実施型の早期退職」には雇用情勢の急速な悪化が背景にありそうです。

有効求人倍率は、ことし7月まで3か月間連続で低下しています。

「転職環境が良好なうちに、早期退職で会社を辞めてもらいたい」という企業側の思慮もあるようです。

この「早期退職」のターゲットにされたら、いままでのように会社にしがみつくことはできません。

必ず会社はやめさせます。

 

早期退職の募集があればやめたほうがいい現実

 

この早期退職を自分の転職のチャンスと捉えるも、またはなにがなんでも会社にしがみつこうとしても選択権は社員にはありません。

会社は若くて優秀な社員は手放しませんし、狙ったターゲットは逃しません。

もし、自分はもう50代だし他に行くところを探すより会社にいたほうがいいと思っても、さらなる地獄が待っています。

 

損保ジャパン日本興亜の例

 

損保ジャパン日本興亜が2020年度末までに国内損害保険事業の従業員数を4千人削減すると6月に発表しました。

4千人は全従業員の約15%に相当します。

このリストラは、希望退職者は募集せず、親会社のSOMPOホールディングス傘下にある介護事業などに社員を振り分けるというもの。 

この損保ジャパン日本興亜のやり方は、「会社側としては、容易に正社員の首を切れない。ならば、自分から辞めてもらうようにそれとなく促す」というやり方の典型例です。

  

上乗せの退職金がもらえるうちに辞める

 

希望退職の場合、通常退職金が上乗せされます。

キリンHDクラスになれば、部下なし課長でも4千万円以上はもらえると思われます。 

今回会社を辞めない場合、関連会社の自動販売機の営業や飲料を自販機に詰める仕事に配置転換になるかもしれません。

損保ジャパン日本興亜の作り出した、「悪魔の方程」が違法ではないことは証明されています。

辞めるも地獄、残るも地獄なら退職金の上乗せがあるうちに辞めたほうが賢明だとわたしは思います。

  

50代で辞めたらどうする

 

もし50代で会社を辞めたら、私のブログを参考にして再就職を目指してください。

 

tensyokusite.info

 

私自身、54歳で早期退職をしていまの会社で3ヶ所目ですがなんとか生きています。

しかし、前の会社に残っていたら介護職に異動になっていたでしょう。

介護の仕事は、わたしなど精神的にも肉体的にも、もつわけがありません。

 

自殺率がトップの50代男性

 

50代の男性の自殺率は、年齢別でみるとトップです。

わたしは、50代のサラリーマンは自殺など考えず、まずは生き残り出来るだけ豊かな老後を過ごせるように頑張ったほうが得策だと思います。

豊かな老後に一番重要なのは、心身の健康です。 

リストラに無駄に抵抗して、心の健康を害しては老後どころではなくなります。