全力老後!熱くて悪いかっ

老後について真剣に熱く考えます

【高年齢求職者給付金】知らないと大損‼︎65歳以降もらえる「失業保険」

今後、65歳以降も働かなければならない時代がやってきます。

65歳以降は正社員はまず無理で、非正規社員として短期間ずつ働いていくしかありません。

65歳以降も「失業保険があったら・・・・」と思っている方も多いかと思います。

実はそれがあったんです。

「高年齢求職者給付金」です。

この耳慣れない「失業保険」について、できるだけ簡単に解説したいと思います。

 

f:id:wretour:20190903064848j:plain

 

「高年齢求職者給付金」を知っていますか


「高年齢求職者給付金」とは65歳からもらえる失業保険です。
「失業保険」には、65歳未満の人が受け取れる「基本手当」と、65歳以上の人が受け取れる「高年齢求職者給付金」があります。

この「高年齢求職者給付金」を受給するためには、公共職業安定所(ハローワーク)で求職の申し込みをするなど求職活動をすることが条件となります。

ハローワークでの手続き後、認定されるまでの待機期間中にパートやアルバイトをしてしまうと、受給されなくります。

ここは普通の雇用保険と同じです。

 

「高年齢求職者給付金」の受給資格

 
高年齢求職者給付金の受給資格は、以下の3要件を満たしていることが条件になります。

・65歳以上の雇用保険被保険者であること
・失業した日(退職日)直前の1年間に、雇用保険に加入していた期間が合計で6カ月以上あること
・現在、失業中であること。働く意思があり、求職活動を行なえること

上記の要件を満たしたうえで、「失業後にハローワーク離職票を提出」していることが必要条件になります。

 

高年齢者給付金は年金と一緒に受け取れる


通常の失業保険は加入期間などに応じて一定期間、退職時の賃金などに応じた手当が支給されます。

それに対して、高年齢求職者給付金は、一定期間ではなく一時金として受け取ります。

また、失業保険を受給すると公的年金は支給停止になってしまいますが、この給付金は年金と一緒にもらうことができるというありがたいメリットがあります。

65歳以上も働く際には、是非とも知っておきたい制度です。

 

2017年に制度が改定


この「高年齢求職者給付金」制度は2017年に改定されて、より内容がよくなっています。

2017年の改定前は、満65歳以上の人が新たに就業する場合、雇用保険の新規加入は不可となっていました。

しかし、2017年1月の雇用保険法改正によって、雇用保険の被保険者の年齢制限はなくなり、70歳や80歳になっても、雇用保険の加入が可能になったのです。(31日以上の雇用見込みがあり、週20時間以上勤務することが要件)

また、失業した際の給付金の支給制限も撤廃されました。

改正前までは「高年齢求職者給付金」の支給は1回限りでした。

現在は失業しても、6か月以上の雇用保険加入期間(通算でも可)という条件を満たしていれば、その都度「高年齢求職者給付金」を受給することができます。

 

誰も教えてくれない「高年齢求職者給付金」


この65歳以降も雇用保険に加入でき、「高年齢者給付金」がもらえることはほとんどのひとが知りませんし、退職すると会社も教えてくれません。

高年齢求職者給付金の受給資格を得る条件と一時金の基準、金額を調べると現役社員らを対象にした基本手当より、受給資格が得られやすくなっていることがわかります。

基本手当をもらうには、週20時間以上働くなど一定条件を満たし、過去2年間で12カ月間雇用保険に加入する必要があるのに対し、この給付金は過去1年間で6カ月間雇用保険に加入していれば済むのです。

もし、65歳まで雇用保険をかけていなくても、過去1年間に6ヶ月雇用保険に加入すればもらえます。

 

高年齢求職者給付金の計算方法

 
当然、この「高年齢求職者給付金」は失業状態でないと給付金は出ません。

65歳になって、「もうこれでリタイア」とか「辞めて骨休めしたい」は当然もらえません。

自己都合で会社を辞めた場合は、3カ月経たないと一時金が出ないという「基本手当」と同じ給付制限もあります。

この一時金は、加入期間が1年未満ならば「基本手当日額の30日分」、1年以上ならば「50日分」の2つというシンプルなものです。

金額は賃金によって異なり、基本手当日額は次のようにして求めます。

この基本手当日額とは平均日給を意味します。

ざっくりであれば、月給を30で割った数字に、給与の額によって50%〜80%をかけると計算できます。

そして、雇用保険の加入期間によって30日か50日をかければもらえる額が計算できます。

詳しくは、ハローワークで計算してくれます。

65歳以降も、働かなければならなくなりつつある現在。

自分でいろいろ調べ「自衛」していかなければ、老後はさらに大変なものになります。