全力老後!熱くて悪いかっ

セロトニンマニアのブログです。老後に必要なのはセロトニンとNK細胞だと思います。

「老後破産」7つの原因とは何かを簡単にまとめてみた 【保存版】

かなり前から話題になっている「老後破産」。

この「老後破産」は実は誰にでもおとずれる可能性があるものです。

年収や貯金があるからといって「安心」というわけではありません。

「老後破産」に陥る7つの原因をまとめてみました。

 

f:id:wretour:20190823063300j:plain

老後破産はなぜ起きるのか?

 

「老後破産」・・・最近よく聞く言葉です。

そもそもこの「老後破産」はなぜ起こるのでしょうか?

一昔前はまじめに仕事をしっかりとしていれば、老後の生活はできるようになっていました。

ただ最近では、一般的には高所得者と言われる人でも老後破産するといわれています。

年金?終身雇用制度の崩壊?・・・1番の原因はお金の使い方にあります。

 

老後破産は一般家庭にも起こり得る

 

老後破産の原因とはなんなのでしょう。

今後7割の世帯がこの「老後破産」に陥る可能性があるという統計が出ています。

老後破産は低所得の人だけでなく、ほとんどが一定の年収のある世帯の人たちです。

一定の年収のある人たちは、年収がある程度あるから「将来もなんとかなるだろう」となんとなくお金を使います。

(そうでない家庭もあると思いますが)

この「将来はなんとかなるだろうからなんとなくお金を使う」という考え方が、老後破産につながるのです。

 

 

老後破産7つの原因


老後破産の原因は色々あると思われますが、主な原因は7つあります。

 

1. 老後に現役時代の金銭感覚を変えられずに老後破産


年金収入だけでは毎月の支出を賄えず、ほとんどの高齢者無職夫婦世帯では貯蓄を取り崩しながら生活をしています。

収入が減少しているにも関わらず現役世代の時と同じような支出を続けていれば、当然生活は破綻してしまいます。

特に定年退職後も40代~50代にの生活のレベルを下げれずに生活をする家庭が陥りやすいのが特徴です。

生活レベルが下げられず日常品や消耗品、ぜいたく品などは今までのように買ってしまうと、年金生活だけではすぐに貯蓄が底をつき貯金0に。

そして行き着く先が「老後破産」です。

  

2. 医療費が高額になり老後破産


金融庁が試算している老後の医療費は約1万5千円。

一生のうちに一番医療費を使うのが、統計上70代から80代です。

さらに、健康保険の範囲内での治療ならなんとかなるかもしれませんが、ガンなどになり先進医療等の健康保険がきかない治療を受ければあっという間に貯金はそこをつきます。 

やはり、貯金よりも現役世代の保険を生かした安いガン保険への加入は必要だと思います。

いきなり、定年後「生命保険」に入ると高額な保険料が待っています。

現役のうちに、保険を見直しましょう。

 

3. 40代・50代での思わぬ収入の減少


40代になって、貯蓄もそれなりにしており老後も大丈夫という貯金額があっても、50代を迎えてからの収入減も落とし穴です。

終身雇用が崩れたいま、普通に働いていれば年収が上がる時代は終わりました。

50代にリストラ、配置転換、出向などで収入が半分になることも珍しくありません。

その時に、老後資金に手をつければ、老後がくる前に貯金0かマイナスに。

いまの収入がいつまでも続くとは限りません。

 

4. 家族に頼れない時代


子供が年収が高いので、将来生活の面倒を見てくれると思っている人は大きな勘違いです。

いまや、少しくらい年収が高くても子どもに親の面倒をみるくらいの余裕はありません。

子どもなど家族に頼るのではなく、自分自身で老後の生活費を準備しなければいけない時代だと肝に銘じましょう。

 

5. 会社を退職後も住宅ローンが残っている


もっとも「老後破産」で多いのが、この老後も住宅ローンを残しているケースです。

貯金があっても生活費の不足分に回せずに住宅ローンの返済に回さざるを得ない状況になれば、金銭的な余裕などなくなります。

この住宅ローンで「老後破産」状態に追い込まれるケースは後を絶ちません。

定年後で既に収入が無いのにローンだけが残されているので、支払は当然、貯蓄を切り崩すことになります。

現役時代に比べがっくり収入が下がる老後。

それでも払い続けなければならない「住宅ローン」。

そのため無理をして病気に。

そして「老後破産」という パターンがあとを絶ちません。

  

6. 「長生きリスク」


老後に生活に困窮する高齢者が多くなる要因の一つに、「長生きリスク」があります。

昔に比べ「人生100年時代」と国が言っているように(100年は生きれませんが)、寿命は確実に伸びているために逆にリスクも発生しています。

この余計な?長生きが「リスク」となって、老後の準備をしていない家庭にとっては「老後破産」の原因にもなり得るのです。

 

7. 退職金の減少


老後の生活費としてあてにしているものに「退職金」があります。

この定年時の退職金が年々減少しています。

さらに退職金制度がない企業も増えており、数十年前のような大きな退職金が見込めない時代になってきています。

退職金が当てにならなくなると当然自分で老後資金を貯めていかないといけなくなり、老後「退職金」をあてにしていた家庭は行き詰ることになります。

大雑把でもいいですから、自分の「退職金」を把握しましよう。

退職金は定年まで勤めると満額もらえますが、定年前での自己都合退職ではかなりの割合がカットされます。

それも視野に入れておきましょう。

 

最後に

 

老後破産は誰にでもおとずれる可能性があります。

これから年金需給の繰り下げ、終身雇用制度の崩壊により、老後破産する人はますます増えると思われます。

しかし、事前に準備をしておくと避けられるものもあります。

「私は収入も高いし、貯金もあるから大丈夫」というわけではありません。

老後を少しでも安心して暮らす方法を、このブログでお伝えしていければと思います。