全力老後!熱くて悪いかっ

老後について真剣に熱く考えます

2000万円の老後資金は本当に必要か。年金の受給額が減っていく明確な根拠

老後の定義は65.1歳(生命保険文化センター調べ)となっています。

 

ふー、まだ老後まで数年あります。

でも、65歳になるまでがたいへんで、なってからもたいへんです。

 

 

要は死ぬまでたいへんです。

でも「わたしの大変」などは、わたしが知っている何人かの人たちに比べれば屁の突っ張りにもならなりません。

 

熱く語るとそんな頑張っている人たちに、せめて楽しい老後を送らせてあげたいのです。

 

f:id:wretour:20190813070342j:plain

老後2000万円不足問題

 

「老後資金2000万円必要」とした金融庁・金融審議会の報告書が大パニックを呼んだのは記憶に新しいところです。


本当に老後資金として2000万円も必要なのか。いや、もっと必要だとの議論を呼びました。

 

経済ジャーナリストの荻原博子氏が「誰でも年金だけで悠々自適な老後を送ることができる」とAsagei Bizで指摘しています。


萩原氏は、
・年金システムが破綻しない理由
社会保障制度の活用
・投資の有無
・年金だけで豊かに暮らす生き方

を著書に書いています。

 
「老後2000万円不足問題」金融庁のデータの根拠は

 

「2000万円不足」という数字だけが一人歩きした感があるこの問題。

まずは、この計算の根拠を知りましょう。
      

金融庁・金融審議会報告書のデータは、総務省の家計調査(2017年)をもとにしたものです。

 

このモデルは、夫65歳以上、妻60歳以上の無職世帯の場合、支給される年金額を平均すると約20万9198円。

 

支出の平均値は26万3718円で、毎月約5.5万円足りなくなります。

 

この不足分を貯金を取り崩して埋めるとすると、仮に95歳まで生きた場合は、5.5×12 ×30で約2000万円が必要になるという計算です。

 

これが、世間を騒がせた「老後2000万円不足」問題の計算根拠だと知っている人の方が少ないかと思います。


しかし、現在の高齢者の半数以上は、年金だけでなんとか暮らしているのが現状です。

 

まずは落ち着きましょう。

 


萩原氏が語る年金が破綻しない理由 


年金加入者に支払いを約束しているお金は総額で1000兆円以上。
1000兆円に対して、積み立ててあるお金は160兆円しかないのが現状です。

 

これだけ見るとすでに年金は破綻状態です。

しかし、萩原氏は「年金は破綻しない」と語っています。


その理由は3つ。


①年金を支給するのは65歳以上ですから、ただちに1000兆円全額が必要になるわけではありません。

 

②破綻しそうになったら、政府が助けて年金を守ります。現に、2009年から老齢基礎年金の国庫負担割合を3分の1から2分の1へと引き上げました。年金財政がさらに悪化すれば、国庫負担をもっと増やすでしょう。

 

③政府はあらゆるテクニックを駆使します。保険料を上げる、給付額を減らす、支給開始年齢を引き上げる、年金加入者を増やす。これらは、すでに使われています。例えば、厚生年金の支給開始年齢について見ると、1956年以前は55歳でしたが、現在は65歳になっていますし、70歳でという話も聞こえています。加入者を増やすために、パートでも保険料を支払わなければならなくなる条件を下げてきています。

 

このように、国はあらゆる手段を使って年金制度を守ろうとしています。
なぜなら、年金が破綻すると国家が破綻してしまうからです。

 

年金制度が破綻すれば、国自体が成り立たなくなります。

 


今後年金の支給額は減っていくのは必須


年金は破綻しませんが、支給額は減っていくというのはいままでの年金の流れから見れば明らかです。

 

いまの年金受給額がそのまま死ぬまで同じと考える方が危ないです。

 
そのため、年金制度やさまざまな社会保障制度についてよく知り、フル活用して家計の出費を減らすしかありません。

 
「年金まとめ払い」や国民年金の「付加年金」など裏ワザを使うと年金の受給額を増やすことができます。

 

介護や病気の不安

 

年金だけの生活になったら、病気になったらどうしよう、介護にはいくらかかるんだろうと不安になります。

 

これも、医療費には「高額療養費制度」、介護には「介護保険」があります。

 

所得が少ない人は負担も少なくて済むようになっています。


こうした制度を知っていれば、高い保険料を払ってわざわざ生命保険に入る必要もありません。

 


最後の砦「生活保護

  

生活が困窮してどうしようもなくなったら、我々国民には「生活保護を受ける」という権利があります。

 

我々がいままで多額の税金を払ってきたのですから、その時は生活保護という「国民の権利」を堂々と受けましょう。

 

いまここで、銀行や生命保険会社の不安をあおる言葉に乗せられ「資産形成」や「投資」の罠にハマるのは危険です。


このブログのテーマでもある、「意識を変えて、年金だけで豊かに暮らす方法を考えること」がもっとも堅実で幸せな老後を約束してくれるはずです。