アマツマ!Amazonのない人生は、きっとつまらない

Amazonの情報とAmazon Echoは初心者にわかりやすい超図解で解説しています

【Amazon Cash】コンビニで現金をギフト券にチャージ

Amazon Cashとは

 

Amazonは6月3日、スマホに表示されるバーコードを使用し、より簡単に現金でAmazonギフト券のチャージができるサービス「Amazon Cash」の提供を開始しました。



Amazonユーザーは、コンビニエンスストアやドラッグストアなど全国1万5000以上の対象店舗の店頭レジで、スマホに表示されるAmazon Cashのバーコードを提示し現金を支払うだけ。

 

その支払い金額はAmazonギフト券の残高として、Amazonアカウントに自動的に追加されるます。

 

Amazon Cashの利用方法



この「Amazon Cash」の利用方法は、2つ

 

Amazonのトップページから検索する

 

AmazonもしくはAmazonショッピングアプリの検索ボックスで「アマゾンキャッシュ」「Amazon Cash」と検索し、「バーコードを表示」を選択。

 

 

店頭レジで現金を支払い後、レシートを受け取る。

その後、支払い金額は、Amazonギフト券残高としてAmazonアカウントに自動追加されます。

 

 

Amazonのトップページからメニューを選択



AmazonもしくはAmazonショッピングアプリのメニューから、「プログラムと特典」の「すべてを見る」を選択。

 

 

f:id:wretour:20190605115719p:plain


 

さらに、「Amazonギフト券」の中から、「Amazon Cash」を選択し、「バーコードを表示」を選択。

 

f:id:wretour:20190605120246p:plain

 

 

その後は同様に、店頭レジで現金を支払い後、レシートを受け取る。

その後、お支払い金額は、Amazonギフト券残高としてAmazonアカウントに自動追加されるという流れ。


Amazon Cashは1回あたり500円から4万9000円まで、1円単位で利用することができます。

 

 

いまなら3000円のチャージで500円のクーポンがもらえる

 

f:id:wretour:20190605120505p:plain

 

現在「Amazon Cash」のキャンペーンを行なっており、3000円の現金チャージで500円のクーポンがもらえます。

(最初の一回だけ)

 

5月13日〜7月28日支払い完了分まで。

 

この「Amazon Cash」ができた背景は、アメリカの銀行口座やクレジット口座をもたない人たちに対するものでした。

 

アメリカでは銀行口座を維持するにもお金がかかりますし、カードも日本ほど簡単に作れません。

 

それに合わせ、日本で今後、銀行が口座を維持するのにお金をとるようになるということを見据えているようです。

 

また、現金決済であればネット上での詐欺対策にもなります。

 

私はいつもカード決済ですが、今回3000円だけ現金チャージをして500円のクーポンをもらおうと思っています。