全力老後!熱くて悪いかっ

老後について真剣に熱く考えます

「車中泊」の75歳のタクシードライバーは満身創痍。貯金0で国民年金のみ独身でもなんとかなるリアル

前回紹介した車中泊をしている75歳のタクシードライバーAさん。 普段どんな生活をしているの知りたくて調べてみました。 そこには、国民年金のみ貯金0、独身でもなんとか老後は暮らせるというリアルがありました。 車中泊の75歳Aさんの生活 Aさんは本当に車…

国民年金だけの老後のリアル。あるタクシー運転手の「車中泊」にみる過酷さ

今週のお題「理想の老後」 わたしの勤務している会社に75歳のタクシードライバーのAさんというひとがいます。 若い時から床屋をしていて、国民年金しかかけておらず床屋も商売がうまくいかずやめてタクシードライバーになったとのことで、貯金もそれほどなさ…

100歳まで働ける⁉︎厚生年金の加入年齢が75際に引き上げ。75歳まで働くのが当たり前の時代に

今週のお題「理想の老後」 65歳以上の高齢者人口が過去最高になりました。 テレビでは、いまでも現役で働いている、102歳の理容師さんの話が取り上げられていました。 このかたは確かにすごいですが、近い将来、日本人は死ぬまで働かなければならなくなりそ…

【レシ活】で老後の節約生活を楽しくする。レシートがお金になる‼︎CODEとONEを比べてみた結果

今週のお題「理想の老後」 「レシ活」とは・・・・レシートを使ってポイントを貯めることです。まとめて、ポイ活(ポイント)とも呼ばれます。老後も今もおこづかいは大事です。少しですが、楽しくおこづかいを稼ぐことのできるこのレシ活。 老後の節約生活…

老後はこの『6つのステップ』を実践すべし‼︎『貯金0』でも年金だけで一生安心に暮らす方法

今週のお題「理想の老後」 老後について、金融庁の「老後2000万円不足問題」からかなり関心が高まっています。 国民の平均貯蓄が以外に高いことに驚きますが、実は約4割の国民が貯蓄が100万円以下だとのリサーチ結果が出ています。 一部の富裕層が、この平均…

『早期退職』をしたらすぐに仕事をすべし。「こま切れ転職」で無理なく働く

今週のお題「理想の老後」 現在、人手不足といわれていますがその一方では、会社の経営悪化等に伴う首切り・・早期退職が大量に勧められています。 かくいう私も早期退職をしたひとりです。 この早期退職。 退職金を上乗せされるのが通常ですが、退職金が出…

年金の落とし穴。データから読み解く「老後破産」を防ぐ5つの要素とは

現時点においても、かなりの割合の高齢者が、年金だけでは生活できない水準の金額しか受け取っておらず、今後、給付金額が削減された場合、生活困窮者が続出する可能性があります。 この「老後破産」。 すべての「老後破産」したひとが、お金にだらしない生…

『シニア割』50歳から使える「シニアサービス」を利用して老後を楽しむ

50歳を越えると「シニア割」を使えるところが多くなってきました。 歳をとったからといって悪いことばかりではありません。 この「シニア割」。 どんどん活用して、お得に楽しみましょう。 50代からのシニアサービスを活用しよう JR大人の休日倶楽部パス イ…

逆転の発想⁉︎70歳まで貯金を使い果たしても年金を繰り下げるメリット

わたしは、当初60歳から年金をもらおうと思っていましたが、30%の減額と障害者年金が無くなるのが痛いということから、いまは65歳からもらおうと思っています。 しかし、それでも「老後資金はいくら必要か?」という問題は解決しません。 いっそのこと、老…

年金生活者が刑務所に入って貯金⁉︎刑務所が老人ホーム化している理由

いま日本では、高齢者の犯罪が急激に増えています。 これも高齢化により、高齢者人口が増えたため・・・と思っていましたが、それだけではないようです。 高齢者の犯罪が増えたため、刑務所が老人ホーム化しているのが実態です。 なぜ高齢者の犯罪が増えたの…

【高年齢求職者給付金】知らないと大損‼︎65歳以降もらえる「失業保険」

今後、65歳以降も働かなければならない時代がやってきます。 65歳以降は正社員はまず無理で、非正規社員として短期間ずつ働いていくしかありません。 65歳以降も「失業保険があったら・・・・」と思っている方も多いかと思います。 実はそれがあったんです。…

『年金のもらい忘れ』が多発‼︎年金申請の完全まとめ。10月から始まる「年金生活者支援給付金」とは

年金制度は申請主義 多くの人がもらい忘れがちな年金 1・年金の特別支給とは 65歳までもらえないの勘違い 2・企業年金 3・加給年金 「年金生活者支援給付金」の支給について 年金の申請を忘れた場合 年金制度は申請主義 年金制度は申請主義だと知っていま…

日本はいまや「後進国」。数字からみるいまの日本と老後の行方

ソフトバンクグループの孫正義社長の発言が話題になっています。 普段あまり厳しいことを言わない孫氏だけに、かなりの危機感を持っての発言だと思います。 日本が、「かつて技術的に優れた先進国で豊かな国だった」というのは幻想です。 いまや世界的に「後…

【財政検証】年金積立金が30年後に枯渇。厚労省が試算‼︎「100年安心」はやっぱりウソ

今年度5年に1度の「財政検証」の結果が発表されました。 そもそも「財政検証」ってなに?というひとの方が多いかと思います。 簡単に「財政検証」と今回の内容について説明します。 とても恐ろしい結果に、きっとみなさん落胆しますよ。 わたしもガックリで…

知らないと損!お金をかけずに効果抜群の老後。インターネット活用のススメ

現在、スマホが普及し若者の間ではスマホ中毒者もでているくらいです。その一方、パソコンを使わない若者が増えているように感じます。高齢者に目を向けると、スマホもパソコンも若者以上のひともいれば、スマホも使わずガラケーがメイン、パソコンなどもっ…

年金は「夫は65歳、妻は70歳」からもらうのが一番得するってホント

年金を何歳からもらうか。 その人なりの事情と考えはあるでしょうが、何も考えずに国が決めた年齢からもらうというのはあまりに策がありません。 少しでも年金で得したい、年金で得するには?と考えると、いろいろな説がでてきて余計混乱します。 ただ、一番…

定年後の「住み替え」で生活をダウンサイジング。3つのパターン

定年後の住まいについて考えている人も多いかと思います。 生まれた土地に帰る、そのまま購入した家で暮らす・・あなたはプランをある程度は立てていますか。 この最後の住まいを選ぶことは、大きな選択ですが大きな節約にもつながります。 定年後は物価の安…

「老後破産」7つの原因とは何かを簡単にまとめてみた 【保存版】

かなり前から話題になっている「老後破産」。 この「老後破産」は実は誰にでもおとずれる可能性があるものです。 年収や貯金があるからといって「安心」というわけではありません。 「老後破産」に陥る7つの原因をまとめてみました。 老後破産はなぜ起きるの…

金融庁の「老後2000万円不足問題」医療費が老後1万5千円って?

金融庁が試算した「老後2000万円不足問題」。 この計算自体があまり根拠のないものではありますが、この中で特に老後の医療費が約1万5千円というのには違和感しかありません。 このように計算しなければならなかったのには、国の考え方になんらかの「意図…

老後に不足するお金を「断捨離」で。老後の貯金は0でも大丈夫‼︎

現在、老後は貯金がないので不安・・という人たちが多いと思います。 逆に、国の試算した貯金はあるから大丈夫と思っている人も、本当に大丈夫かと漠然とした不安を持っているのでは。 (桁違いの貯金を持っている人は別として) しかし、どちらにしても要は…

50代の6人に1人が貯金0。それでも「老後破産」しない方法とは

「下流老人」という本をご存知でしょうか。 これは数年前にベストセラーになり私も読みました。 下流老人とは「生活保護基準相当で暮らす高齢者およびその恐れがある高齢者」です。 いまは「老後破産」ということばも世間に浸透しています。 この「下流老人…

【国民年金を払わない結末】国の取立は「闇金ウシジマくん」より厳しい?

国民年金を払っていない人が50%以上いることはご存知でしょうか。 それなら自分も払わなくていいや・・・という訳にいきません。 モラルとかいう問題ではなく、かならず徴収されるシステムがあるからです。 ここでは、年金を支払わなかった場合にやってくる…

老後の節約①禁煙をしよう②飲酒を控えよう③ギャンブルはもってのほか

老後に不足するお金を貯金するよりも、無駄な出費を抑えるほうが合理的だとわたしは考えます。 わたしは。タバコもお酒もギャンブルもしません。 「お金が貯まるね」とよくいわれますが、ぜんぜんお金は貯まりません(笑) ただ、これらにかかる出費は確かに…

「人生100年時代」踊らされないための根拠を簡単にまとめてみた

人生100年時代と安倍首相が発言していますが、いつから人生は100年になったのでしょう。 うちの父は先日85歳で亡くなりましたが、同級生はほとんど亡くなっていました。 父の葬式にでてくれたひとでも90歳くらいが男性では最高齢でした。 100歳…

インターネットで年金。年金の計算でとっておきの重宝している便利サイト

ねんきん定期便というのが日本年金機構から送られてきていますか。 これは『消えた年金』事件以降、年金加入者に送られるようになったものです。 はがきの表紙に「ねんきん定期便」ですと書かれています。 これをみればざっくりですが、自分が受け取れる年金…

2000万円の老後資金は本当に必要か。年金の受給額が減っていく明確な根拠

老後の定義は65.1歳(生命保険文化センター調べ)となっています。 ふー、まだ老後まで数年あります。 でも、65歳になるまでがたいへんで、なってからもたいへんです。 要は死ぬまでたいへんです。 でも「わたしの大変」などは、わたしが知っている何人かの…

「年金2000万円不足問題」ほんとうにだいじょうぶ。年金だけでは暮らせないの。

年金問題が語られてすでに何十年も経過しています。 そんな中、そろそろ年金をもらう歳になってしまいました。(泣) むかしむかし、あるところに・・ではなく、10年以上前には、60歳をすぎたら定年退職して年金と退職金でつつましく生活をする・・・がいま…